座ってないで、とぶよ

カタールW杯と世界一周のつづきに出発!2022年夏から再開です。目指すのは「車窓から」。ただただ移動するのを楽しむというスタイルの旅でーす!

仏、伊、西の車旅でのガソリン事情2022

比較に当たって

ガソリン代は高くなり、インフレが問題となり、円安の直撃をうけるこの時期にガソリンをがんがん使う旅をして感じた各国の対策の違いを私見で...


f:id:tobu-yo:20221031015009j:image

国によっては人が給油すると高くなるので、比較はセルフの場合&そのスタンドでの最安のものでしています。

f:id:tobu-yo:20221030041806j:image

上の写真はフランスのガソリン価格。

国別比較

※2022 年9〜10月のディーゼルの価格です。ガソリンはこの−0.15〜0.20くらいの値段。日本とは逆でディーゼルが高い。

フランス

1.62〜1.80€/L

マルセイユに近いほど安かった感覚がある。スペインとの国境付近では1.75くらいでも売り切れているところもあった。

 

スペイン

1.82〜2.02€/L

ただし、現金払いだと10〜20%の割引が支払い時にある時が何度もあった。有人でも無人でも。基準はわからない。

例えばここ。表示価格は1.94/L。レジでは現金で50€支払いをした。でが、レシートは55€払った事になっている。

f:id:tobu-yo:20221030040815j:image

そして、給油すると、こんな感じ。

f:id:tobu-yo:20221030040821j:image

ここの表示の通りなら1.94/Lだが...。結果、1.75€/Lになった。こういうサービスがあるのは有料道路ではなく、街の近くの自動車道の不自然に車が多い所に多い。でも、わからない。

イタリア

1.81〜1.98€/L

安くならない。1.84だと数人待ちの列がある感じだった。ローマ近郊だけ安くて1.78もあった。でも、タイミングが合わず入れられず。

 

※数日しか乗っていないので定かではないが...

ギリシャ:2.33〜2.36€/L

トルコ:20〜25TL/L  ※1€=17.8〜18.1TLのとき。

 

感想

お国柄が出るなぁというのが印象です。日本のように補助をする国もあれば、そんな余裕のない国もある。ギリシャは町のATMも手数料をとるし、かなり厳しい状況なんだなぁと感じた。スペインは、こっそり上手くやっているんじゃないか?という現地での印象がある。ガソリンだけでなく、色々と...

おまけ記事のつづき→

もくじはこちら

ぽちっとしていただけると、うれしい。にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村