座ってないで、とぶよ

カタールW杯と世界一周のつづきに出発!2022年夏から再開です。目指すのは「車窓から」。ただただ移動するのを楽しむというスタイルの旅でーす!

癒やしのチャイと乗り鉄の日々

地中海東側うろうろ 13,21,35,46,50日目

チャイ(紅茶)とスイーツ

日本の家にはこたつに紅茶、テレビ、ねこ、窓の外には大木という贅沢空間がある。旅行中にこれを目指すとケトルが必須になる。そして、紅茶パックも。トルコはチャイの文化があり、紅茶パックがよりどりみどり。ハーブとか香り高いとかより日々好きなだけ飲めれば幸せなので、大量に購入した。100袋入り2€、アールグレイで3€!!

f:id:tobu-yo:20220914032142j:image

そして、紅茶のお供の甘いものがけっこう安くて美味しい。フルーツののっているものは少ないので、自分で添えて食べる。ティラミスっぽいミルクの染みたケーキはよく食べた。ギリシャではちょっと高くて手が出なかったスイーツ屋さんも色々チャレンジできた。

f:id:tobu-yo:20220914032418j:image

鉄道とチケット購入

ちょうど、ガソリン価格の高騰でバス代が随分と上がった頃と重なったみたい。

イズミルがトルコの出発地点だったので、同じ場所(パムッカレ)に行く手段を比較すると、鉄道のほうが随分と安くて時間帯も昼間で使いやすかった。そこからは、到着後に駅にある路線図と時刻表を見て数日後のチケットを購入する移動を続けた。

f:id:tobu-yo:20220914032459j:image

13日目イズミル〜デニズリ(4時間)...73TL

新幹線の自由席みたいな座席。座席指定あり。ずっと緑の多い山間と町を抜ける感じ

21日目:デニズリ〜エスキシェヒル(8時間)...115TL

途中、大理石やコンクリ工場多く、次第にディーゼルが悲鳴をあげる高地に。でも景色はステップ。座席指定ありだったが、車掌さんに言って景色の見えやすい席にしてもらったらエアコンなしで暑い席に...

*バス:エスキシェヒルカイセリ(9時間)...350TL

35日目カイセリ〜アンカラ(6時間が9時間!!)...69TL

つらい。座席指定あり。下に記述。

46日目アンカライスタンブールYHT(4時間)...195TL

新幹線の自由席みたい。電源もあった。イスタンブールの入口辺りの駅からは近距離列車マルマライに抜かれるくらい駅で連絡待ちをするようになった。

50日目イスタンブール〜ソフィア、4人寝台含(13時間が18時間!!)...578TL

別の記事参照。

※このとき100TL=38元=5€くらい。

f:id:tobu-yo:20220926031301j:image

夜行列車はやめたほうがいい

鉄道旅、エスキシェヒルで行き詰まった。カッパドキア行きの出発地カイセリへ行こうとすると、アスタナ行き普通電車は深夜3時発とか不便で使えない。新幹線のYHTを初挑戦?と考えたが荷物が大きすぎて、高速列車YHTは無理だ。(後々、駅&係員によっては見ていないと判明)

結局、カイセリまで行きはバスで、帰りにアスタナまで夜行列車を予約した。

…やめるべきだった。普通列車の2人がけで同じ姿勢で11時間は地獄だった。夜行バスの方がマシと感じる苦しさだった。


f:id:tobu-yo:20220914032707j:image

しかし、それ以外の列車は、昼の列車で車窓が楽しめて車内販売のチャイと持込みのパンとハムとフルーツで快適な時間を過ごせたいい旅になった。バスよりは列車旅、やっぱりいい。

もくじ記事はこちら