座ってないで、とぶよ

カタールW杯と世界一周のつづきに出発!2022年夏から再開です。目指すのは「車窓から」。ただただ移動するのを楽しむというスタイルの旅でーす!

どうして赤道の近くは暖かいのか?そして、地図では赤い線で表しているけど、本当に赤い線なのかな?赤道ってなんだろう?

どうして赤道の近くは暖かいのか?そして、地図では赤い線で表しているけど、本当に赤い線なのかな?赤道ってなんだろう?

赤道は見える?

かわいい!かわいい度は5です!

そうだね。ずっと地図上に赤色で線が書いてあれば、赤色の線があるんじゃないかと思うよね。魚が泳いでいるって言われて、スーパーの切り身が泳いでいる姿を想像するのといっしょだよね。

こどものピュアさを侮ってはいけません。

大人が、「まさか!?」と思う事でも、信じていることはよくあること。信じているから、疑問としても出てこないし、「オレ、小さいころは○○って思っててさ~」みたいな笑い話になるまでは周りは気づきもしないんだよね。たまに、こんな風に、とか、絵に描いてみたものがみんなの目にとまったりしてビックリされるだけで、隠れた勘違いは多いんじゃないかな。

実際に見に行ってみたらわかるよ。線なんてないよ。

赤道は、どんな場所か?一番暑い場所でも、太陽が空のてっぺんを通る、ってわけでもない。日の出と日の入りの場所がずっと変わらないところなの。日本でも年に2回東ぴったりの場所(真東)から日が昇り、西ぴったりの場所(真西)に沈む日がある。その日は、太陽は1日の半分(12時間)見える。ということは、赤道は1年中毎日12時間太陽が出て、12時間太陽が見えないっていう場所なの。暑いかって言われたら…日本の夏の方が暑い日もあるし、太陽が長く見える日もある。ただ、日本の冬よりは年中暖かいなぁ。
では、旅行者が赤道を感じるにはどうすればいいか?
正直、スマホとかで緯度を数字で確認する程度だと思う。ちなみに私は、どうしても実感してみたくてプラスチックの透明半球を持ち込み、5回くらい点を打って真東と真西を通るのか確かめようとした。しかし、忙しい旅をしている日本人旅行者には同じ地点で点を打ち続けるのは無理だよ~。
ちなみに、旅行者がよく通過する道路には、「赤道」っていう看板が立っていて、観光客を呼び込んでいる。私はケニアの赤道地点に行って、赤道マタギをしたけれど、南米でもしているのかなぁ…。あ、ちなみに南米のエクアドルは赤道っていうスペイン語から来てる☝

ぽちっとしていただけると、うれしい。にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ