座ってないで、とぶよ

カタールW杯と世界一周のつづきに出発!2022年夏から再開です。目指すのは「車窓から」。ただただ移動するのを楽しむというスタイルの旅でーす!

バスケの練習をした後で、不思議に思った。なんで、頭の上の方の髪は汗でぬれないのに、下の方の髪だけぬれるんだろう。

バスケの練習をした後で、不思議に思った。なんで、頭の上の方の髪は汗でぬれないのに、下の方の髪だけぬれるんだろう。

かみの毛の汗

いいねー。かわいい度は5!

そう言われれば…と思い当たるから、発想がいい。

まず、近くにボウズの友達はいるかな?かみの毛1本5ミリくらいの長さの子。その子の髪をさわらせてもらうといい。ちくちくするんじゃないかな?それは、頭の皮ふから出てきたかみの毛が、全部立っているから。髪が長くなると、支えきれなくなり倒れる。けれど、皮ふから出てきて数ミリは必ず立っている。

では、森を流れる水を思い浮かべよう。木が立っている間を水は流れるよね?水は必ず、下へ、下へと流れる。

ここで、もう一度ボウズ頭の友達を思い浮かべよう。頭の形を考えてみると、木のように立っているかみの毛は、頭の形に合わせて首のあたりまで来ると、下向きに立っている。水は、下へと流れるので、枝が下向きになれば、そこを流れるようになる。

頭の汗説明

だから、上の方のかみの毛はぬれないのに、下の方のかみの毛は皮ふから移動してきた汗でぬれることになる。

ぽちっとしていただけると、うれしい。にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ