座ってないで、とぶよ

カタールW杯と世界一周のつづきに出発!2022年夏から再開です。目指すのは「車窓から」。ただただ移動するのを楽しむというスタイルの旅でーす!

旅の準備⑧~海外旅行保険

旅の準備⑧~海外旅行保険

書くの忘れるところだった。けっこう大事な情報ですね。

塹壕とスロバキア

5.海外旅行保険

安全と安心を自分のできる範囲で確保しておくと、旅中のストレスが減る。「○○になったらどうしよう」「○○が起こったらどうしよう」…想定して、そなえるのが一番。で、前回の1年半の旅行と今回の旅行で備えたものについてご紹介しておきます。

前回の旅

  1. クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険
  2. 国保+ゆうちょの終身保険の障害疾病特約
  3. フランスの保険会社の旅行保険

この3つで対応した。

他に、車については国境で保険に強制的に加入だった。

1は、3か月で切れるので、自動付帯を1枚、利用付帯を2枚持っていき、気をつけて間が開かないように公共交通を利用していた。英文の加入証明を各カード会社に電話して書面でもらい、持参した。

※注意!ほとんどのクレカ保険は現在、利用付帯であっても出国から3か月までと記載があり、使えません!!

2は、重大な障害を負うような病気やけがで病院にかかった場合(高額)は使えるような保険だった。国保の海外療養制度っていうのがある。これ、海外での疾病にも使えるとは盲点だったので、確認したときにはうれしくなった。英語の診察書のテンプレートをコピーして持っていった。

3は、1年を超えたあたりで、クレカ保険はどうしても繋げないとわかり、1年を超える保険を日本で探すと高額だったため、やっと見つけたのが「ACS-AMI」という会社(母体はアリアンツ)の旅行保険。ここなら、1年半で312€と安く、英語対応というハードルはあるものの、いざとなったら日本語メールには対応してもらえそうだったので、決めた。

旅行後、結果として…

・南米、マチュピチュで手が虫刺されでひどくはれ上がった夜、クレカ保険に電話した。病院にかかった場合のすることなど丁寧に教えてくれた、が、そこで安心して(腫れも引いたので)行かなかった。

・花粉症や更年期(!)っぽい症状は、薬局で薬を買って対応し、結局病院のお世話になることは一度もなかった。→病院は敷居が高いのでほぼ行かない!

今回の旅

  1. クレジットカード付帯の海外旅行保険
  2. 国保+ゆうちょの終身保険の障害疾病特約
  3. レンタカーの強制保険
  4. (エジプトのみ)海外旅行保険

今回は、あっさりと。

※と思っていたら、エジプト入国時に海外旅行保険の加入が必要とわかり、4の出国後でも入れる短期の保険に加入が必要になった。入国の日程が決まったら加入する予定。

https://www.insubuy.com/travel-medical-insurance-quotes/

クレカ保険は私の持っているものではどれも出発後3か月までと記載があるので、最初の3か月だけ頼ることにした。その後は、レンタカーが保険込み料金なのと、W杯中は、救急センターが各所にあることを考えると、なくても大丈夫かな、と思い、こんな感じ。また、帰国したらご報告を。

次は、準備6.出発直前の手続きをご紹介。

ぽちっとしていただけると、うれしい。にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村