座ってないで、とぶよ

カタールW杯と世界一周のつづきに出発!2022年夏から再開です。目指すのは「車窓から」。ただただ移動するのを楽しむというスタイルの旅でーす!

秋冬の南欧州の風物詩、ムクドリの大群を見た!

いた!念願の!!空を黒く染める大量のムクドリ!!

地中海西側うろうろ 77〜80日目


f:id:tobu-yo:20230106020209j:image

f:id:tobu-yo:20230106020228j:image

...すごかった。

どうやら、日本のムクドリとは種類が違うらしい。

ホシムクドリ - Wikipedia

調べたムクドリと色が似ていなくて、今まで間違えた名前で記事を投稿していたのかとドキドキした。

エアビー宿では、自炊した昼ごはんをゆっくり食べ、3時間くらい散歩するのを日課にしていた。その散歩でムクドリが飛んでいる方向を見て、翌日はそこで同じ時間に待つようにした。すると、運が良ければ団子になるし真上を飛ぶ。くもりだと小集団で団子にはならなかった。

しかし、スマホの操作の鈍い私でも一応それなりの絵はとれた。f:id:tobu-yo:20221111035636j:image


f:id:tobu-yo:20221108072102j:image

ただ、動画をご披露出来ないのが残念...

続き写真で載せようとしていたところ、gif画像の作り方を学んだので、早速作ってみた。動画の方がいい絵がとれているものの、雰囲気は伝わるかな?

ブログを始めたことで“これをしたい”という欲求が出て来て、少しずつ出来ることが増えるのは嬉しい事です。知識は必要を感じないと身につかない。

...ただ、音が伝えられないのは残念。

イワシやデバスズメダイの大群が水槽や海中で泳ぐのを見たことがあれば、そんな感じの団子が翻り、「うねり」が上空で見られると想像してもらえればいいと思う。そして、方向を変えるときの羽音がする。布がこすれるような音が、空から波のように大きくなったり小さくなったりする。毎日通ったかいがあった。

そして、甲虫も発見した。

f:id:tobu-yo:20221110062755j:image

フンコロガシではなさそうだけれど。

博物館で見たとおりだ。固い岩や砂の多い乾燥に強い草が生えた平地で、地域住民の犬の散歩道の土の部分に出てくる。30分の道に何匹もいた。ただ、出てくるタイミングが雨の前や朝の湿気の多い時間だった。一週間散歩してわかった。

犬のうんちは多いけれど、ホカホカうんちがなかったのでコロガさないのか、転がす子じゃないのかは不明。

自然相手だとやはり時間が必要だった。

そして、夢中になって写真撮るときに落として折りたたみスマホの画面を破損した。砂と鋭利な岩だから...。スマホ重いから...。

もくじはこちら

ぽちっとしていただけると、うれしい。にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村